改めて避妊薬の大切さを知る!持っていて本当に助かったアフターピル

アフターピルについて

平和な国、日本。
そんな日本でも、女性をターゲットにした凶悪な犯罪は後を絶ちません。
時代が進むにつれ、それはエスカレートしていくような気もします。
つい最近も、ある携帯ゲームが流行り、夜間に女性一人で携帯を持って外出し、携帯に夢中になっているところを襲われるという、なんとも人として情けない犯罪が発生しているとも聞きます。

そういった際、女性としては一番怖いのが、妊娠です。
非常に最悪なパターンでの望まない妊娠。しかも、相手を憎んでも憎みきれないほどの怨念を持った相手となれば、誰でも非常に不快な思いしか想像できません。
しかし、女性にしかできない子供を育てる機能は、男性の精子がスイッチとなっているのも事実です。
こうしたどうしようもない場合に有効なのが、アフターピルと呼ばれるものです。

アフターピルは、まさにその名の通り、性行為後に服用することで妊娠を避ける役割を持った避妊薬を指します。
アフターピルの避妊率は性行後、72時間以内に服用することで8割方の避妊に成功します。勿論避妊を確実とするものではないので、その点は注意が必要です。
また、保険適用外の処方箋医薬品の為、各病院によって薬の値段が異なってしまい、約3000円~12000円かかると言われています。
しかし、中絶を考えれば、まだ安いほうかもしれません。

代表的な薬はアイピルと呼ばれる商品です。
アイピルも服用後、3日から3週間ぐらいの間に生理程度の出血があると、避妊に成功した証拠とも言われています。とはいえ、本当に成功したかどうかは、しっかり専門医に見てもらった方が確実と言えます。
この出血は、受精した卵子を成長させるために子宮内に設けられた血液のベッドである子宮内膜が剥がれた結果もたらされたものです。本来は育てるための子宮内膜ですが、剥がれるということは育てない、育てられない環境に子宮が変化したことになります。勿論その後、二度と妊娠できないという訳ではありませんので、安心してください。

こういった避妊薬も様々な種類が増え、ネット通販でも購入することが可能になりました。
ネット通販の方がより安く手に入ることもある為、様々な不安を抱えているようであれば、通販で購入して手元においておくのも安心かもしれません。